message

メッセージ

株式会社CryptoPieは世
界になくてはならない企業へ

私たちは、課題の解決こそビジネスの本質だと考え、
「最適なテクノロジーを駆使し、世界中の課題を最速で解決する」という企業理念のもと、
全従業員が一丸となって日々の課題、クライアントの課題、世界の課題に対して向き合っています。

CryptoPieが考える課題の解決イメージに関して、一つ例を出します。

あなたはコンサルタントです。
あなたの前にお腹を空かせた人がいます。

その人があなたに「お腹が空いているから何とかしてほしい」と相談してきました。

あなたはその人に対してどんな行動を取りますか?

・「何が食べたいですか?」と聞く
・何か食べ物を買ってきてあげる
・お金を渡して何か食べるように言う

など、その人の空腹が満たされる手段を取ると思います。

では、その人がもう一度同じことを相談してきたらどうしますか?
また何か食べさせますか?

CryptoPieではお腹を空かせた人に食べ物を与える事が解決とは捉えていません。

なぜなら、人によって課題と解決法は全て違うからです。

なので、我々の前にお腹を空かせた人が相談に現れたら、我々はまず「その人にとってお腹が空いている事は良いことなのか悪いことなのか」から一緒に明らかにします。

たとえばその人が減量中のボクサーだったら?このあとに大事な食事会が控えていたら?そもそもお腹が空いているという思い込みだったら?医者から食事を止められていたら?

そして、お腹が空いている事が悪いことだったとしても、その人は常に満腹がいいのか?空腹感を味わいたくないだけなのか?程よい空腹感に対して程よい食事を取れる仕組みが欲しいのか?

など、ざっと考えるだけでもお腹が空いているからと言って全員が食べる事だけで課題を解決できるわけではないという事が想像できます。

さらに、本当の自分の課題を気付いていない人も沢山います。

CryptoPieはそんな人、企業、世界のあらゆる課題を、最適なテクノロジーを用いて最速で解決しようとしている会社です。

そこに手段のこだわりはなく、必要なのは「最適なテクノロジーで世界中の課題を最速で解決する」という理念に沿っているか、という事だけです。

我々はその考えの元、愚直にスピード感を持って行動し、4年で従業員数を2名から100名へ拡大、年商3億円以上の企業へと成長しました。

しかし、世界中にはまだまだ課題が存在し、それを解決するためにはこの理念に共感した仲間たちがもっともっと沢山必要です。

そして、理念に共感して集まってくれた仲間の数だけ、我々は世界中の課題を解決する事ができ、企業としての存在価値を高められます。

「世界中の何か」に課題を感じているあなた。

我々と一緒に「世界になくてはならない会社」を作り上げませんか?

吉原教一郎

先義後利

~声にならない声を僕らは決して聞き逃さない~

~声にならない声を
僕らは決して聞き逃さない~